2011年04月01日

被災地を訪ねて B

高速を降り石巻市内に入ると 建物は以外にしっかりと残っていましたが

何となく薄汚れた感じがしました。至る所で塀が倒れたり窓ガラスが割れたり

墓石が倒れたりしてます。大通りは皆ガソリンが無いせいかすいていました。

市街地は思ったほどの酷い状態では無いように思いました。

友達の家に近づくにしたがい 川には車がひっくり返っていたり 重なり

合っていたり 立てになっていたりと何台もだめになっているのを見かけました。

友達の家は 小学校がすぐ目の前にある住宅地で 道幅も車がすれ違うのに

十分な幅がありますが 何処の家も外見はあまり損傷を受けていない様に

見えましたが 家の中(1階)は酷いようで 家の前は瓦礫の山になって

車1台通のがやっとの幅になってしまってました。

そんな中を進み友達の家に着くと 「津波ですべてやられた」と言われたのが

嘘のようにしっかりと家が残っていました。

持っていった荷物を降ろし家の中に運び込もうとすると 「靴のまま入って下さい」

と言われ 「いいのかなぁ」と思いつつも言われるまま上がってみると 1階の

床には津波によって運ばれただろう汚泥が10pほどの厚みで覆い

尽くしていました。壁を見ると高さ80センチくらいまで泥が付き 壁は割れ

ていました。その友達も整骨院をやっていましたので 器械やベットは海水に

浸かり買い直すにしても 修理するにしても多額の費用がかかるものと

思われます。

庭には車4台があった層ですが みなハンドルの高さまで浸水したと見え 

泥が付いていました。そのうち1台(ワゴン車)は見あたらず 聞いてみると

「流されてどっか向こうの方に転がっている」との事です。

また近くの製紙工場から紙のロール 直径1メートル50p 重さ2〜2.5トン

しかし海水を含んでいるため3トンくらいになり とても動かすことが出来ないと

こぼしてました。

何処の家も2階に寝泊まりが出来ますが 避難所に居ないと食料の配給が受けられず

みな避難所暮らしをしているそうです。食事も おにぎり パン カップラーメン

の繰り返しで 元気もでないようです。夜は毛布を2枚敷き洋服を着られるだけ

着て その上にスキーウェアーを着 毛布を3枚掛けて寝るそうです。

何だかんだしているうちに時間が過ぎ 帰って来る都合もあるため何もして

あげられないまま 帰路につきました。

帰りの車の中で 目の当たりにした光景を二人で話しながら仙台に戻り 

「牛タンの美味しい店があるから食べていかないか」と誘われましたが

私も中学2年の息子を1人残し出かけましたので せっかくの誘いも断り

仙台の友達を降ろし すぐさま高速に乗り午後8時に帰宅しました。

持っていったガソリンは使わず間に合いました。今回の移動総距離数540キロ

今回の震災で 自然の怖さを思い知らされたように思いました。

復興にはまだまだ大変でしょうが、是非頑張って貰いたいと思いますし  

協力できる事は何でも協力していきたいと思います。


                            〜 完 〜        
posted by hone at 19:04| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 院長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

被災地を訪ねて A

仙台の友達を乗せ出発そうそう渋滞ができていました。

この辺の10日くらい前と同じで みなガソリンスタンドに並ぶ車でした。

営業しているスタンドに並ぶのは良いのですが 閉まっているスタンドの前にも

何十メートルも車が並び 運転手は自宅へ帰ってしまいます。警察もしかたの

ない事なので 特に取り締まりはしないと言うことらしいです。

渋滞の中しばらく国道を走り 三陸自動車道にのろうとしたら 料金所のところで

警官に止められ行き先を聞かれました。「石巻まで」と言うと通行許可書を

出してくれました。

車内では学生時代の思い出話や 子供達の話などをしてました。

その仙台の友達は実家が気仙沼で 港から2・300メートルくらいしかなく

母親が独り暮らしをしていています。 その母親は地震直後に高台へ逃げようと

車を走らせたものの 渋滞を見てすぐに車を捨て近くの公民館に避難するも 

みるみる浸水して来たため2階の窓の鉄格子をつたい 屋根に上ったそうです。

その数106名。石油コンビナートの爆発炎上と共に重油が流れ出し、いたる

ところで火災が発生し黒煙が立ち込めるなか ふた晩老若男女問わず励まし合い

過ごし自衛隊のヘリで救助されたそうです。現在は仙台の息子の家で

過ごしてます。

その気仙沼の家屋敷は 何一つ後片付けをすることも無いくらい綺麗に

無くなってしまったそうです。 

通常石巻までは1時間くらいで着くはずですが 渋滞に巻き込まれ2時間も

かかってしまいやっと到着。

時刻は12時20分


 
                        〜 次回最終号?へ 〜
posted by hone at 17:38| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 院長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月28日

被災地を訪ねて @

昨日 被災地である宮城県石巻市に行って来ました。

学生時代の友人が 石巻市で整骨院を営んでおり 今回の震災の状況を頻繁に

テレビで見ていて気になり連絡を取ってみると 「津波で家屋敷 車すべて

やられてしまった」との事で 欲しい物を聞き2日間探し回り用意しました。

また帰りのガソリンが心配なので 友人にガソリンを入れる携帯缶30リッター

ぶんを用意して貰いました。 

トランクにはガソリンを積んだため 臭いが強く食品はそべて車内に 多少臭

いが着いても大丈夫なものはトランクに詰め込み 朝7時にいざ出発。

先方で食事はできないため 途中コンビニにより朝食・昼食・往復の飲み物・

眠気覚まし先方の子供達に飴・チョコレートかど買い込みました。

当初の予定では 高速が使えないため片道7時間くらいかけて行くつもり

でしたが2日前に高速全面復旧を聞き ひとまず安心し「那須高原」より

高速道へ。高速に入り 最初は今までと何ら変わりなく走っていましたが 

福島に入ったとたんいかにも修復されたようなアスファルトの跡が沢山あり 

また凹凸の箇所も増えているように思えました

年に何度か東北方面には行きますが いつもより多少交通量は少なく思えた

反面タンクローリー 支援物資を積んでいると思われるトラック 関西方面より

災害派遣された自衛隊 消防 警察車両は比較的多かったように思えました。

今回の震災では原発事故もあり 福島県では車の窓はしっかり閉め外気を

入れないようにしまた車から降りての休憩も避けて走りました。

宮城県に入り 休憩のためトイレしかないパーキングに寄ると「今日ようやく

水が出たから」て言いつつトイレ掃除をしている方がいました。

仙台宮城インターを降り仙台市内に向かうと 以前は自分の庭のように走り

まわれたのに今はナビを頼りにしないとまるで分からなくなってしまってました。

10時少し前に最初の目的地である仙台の友人宅に着き そこで友人が用意していた

物を載せ10時20分頃 仙台の友人と二人で石巻市に向け出発しました。



                           〜 次回に続く 〜
posted by hone at 16:28| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 院長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月19日

大震災後の「ちょっと良い話」

初めに 今回の大震災でお亡くなりになりました方々の ご冥福をお祈り致します

今回の「大震災」に伴い「原発事故」まで起きてしまい 大変な事になってしまいま

した。

今後 日本はどのように成ってしまうのか とても心配です。

でもそんななか テレビで聞いたのか新聞で見たのか忘れてしまいましたが 

とあるレストラン(ファミレスだったかなぁ?)で あの大震災の時 従業員が

お客様を店外に誘導し 誰1人怪我をすることなく無事だったそうです。従業員の

的確な判断 また経営者の従業員育成のすばらしい結果だと思いました。

店外に避難していたお客様は ある程度揺れが収まって店内に戻ってから

きちんと会計を済ませ帰られたそうです。なかには会計をせず帰ってしまった

方もいらした様ですが 次の日会計に行かれたそうです。

会計を済ませて帰るのは当たり前の事ですが 何故か感心させられる話でした。


海外ではこのような「大震災など」があったとき スーパー 飲食店 ガソリン

スタンドなどで襲撃をうけ ありとあらゆる物を奪っていく映像をテレビで

よく見ますが 日本ではあまりそのような話は聞きません。

今回の震災で ガソリン・灯油が盗まれた事件が10数件あったようで 

非常に残念に思いました。


何時の時代も同じで 「今の若い者は」と言われますが きちんと会計を済ませて

帰る 暴動を起こさない事など 「まだまだ日本の若者も捨てたもんじゃないなぁ」

と思いました

posted by hone at 11:00| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 院長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月11日

けんちん汁

昨日 初めて「けんちん」をつくりました

何となく 具材 作り方を知っていたつもりでしたが

いざやるとなると確認が必要で 私が思っていたのとは

ちょっとばかり違ってました

子供に言わせると 「味は学校のと似ているが うちで作った方が

食べやすい」とのこと

今日 お腹を壊してないところをみると まあまあ成功したのかな

と思ってます

画像.jpg

ちなみに今夜は 残ったけんちんにうどんを入れ

「けんちんうどん」にします
posted by hone at 19:07| 栃木 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 院長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

年末年始のお知らせ

年末年始の診療時間のお知らせ

12月30日  休 診
   
   31日  休 診

1月  1日  休 診

    2日  休 診

    3日  休 診 

    4日  午前診療 

        午後 休 診 

当院の今年度の診療は終了致しました

今年もお世話になり有り難うございました

1月 5日からは通常営業を行いますので、年末年始でお疲れの方は是非ご来院下さい

posted by hone at 18:35| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 院長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

昨夜 初体験

昨日治療を行っていたとき、ストーブが給油になり

「あと何分もしないで終わるから、仕事が終わってから給油すれば

いいや」と思い、仕事が終わり夕飯を食べました。

「9時になるからそろそろ給油して風呂にでも入るか」と思い、ストーブから

タンクを出し いざポリタンクへ行ってみるとなんと空っぽでした。

天気予報で「明日の朝、大田原地方の最低気温4度と言ってたなぁ。治療室の

ストーブだけはなんとしても給油しておかなくては患者さんが風邪をひいてしまう」

と思い、自宅のストーブのタンクを持ってみてもあまり入って無く、この時間に

ガソリンスタンドがやっているか分からないが、もしかするとセルフなら

やっているかもと淡い期待を持って行ってみるとやっていました。

なんとセルフ初体験です。

常にスタンドの前は通っていますが、いざ行ってみると灯油を何処で入れるのか

分からず、不審者の如くキョロキョロしながら車を進めるとすぐに見つかりました。

車からポリタンクを降ろし、給油口に置くもののやり方が分からずいたら、

親切に目の前に書いたありました。とりあえず18リットル1つ分だけ入れ建物

の中で会計し、無事に買うことが出来ました。

何をするにも初めての事はとまどう事が多いです。
posted by hone at 17:46| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 院長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

熱中症による意外な症状

今夏は異常気象とでも言いましょうか、8月も終わると言うのにまだまだ厚い日が

続いていますが、皆さんは熱中症・熱射病などにならず過ごせていますか。

先日テレビを見ていたら、「熱中症」による意外な症状についてやっていました。

それはどのような事かと言いますと、気温が35度 36度と高温にもかかわら

ずとても寒気がしてコタツに入ったり厚着をしてりというものでした。

なぜそのような症状が出てしまうかというと、自律神経の働きに異常をきたし体温

調整が上手く行われなくなる為らしいです。特に高齢者の方がかかりやすい様で

すので、御家族に高齢者がいらっしゃる方は注意して見てあげて欲しいと思いま

す。

高齢者の方は電気代がもったいないからとクーラーを使わずにいる方も多いよう

ですので、ご家族の方がまめに顔を出し温度計などで室温をチェックする必要が

あるかと思います。またこかめに水分補給も必要になってきます。スポーツ飲料

などが良いようですが最近では点滴と同じような成分の飲料水が薬局で特に売れ

ているそうですから、常備しておいても良いかと思います。
posted by hone at 09:36| 栃木 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 院長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

「携帯電話」に関する初耳

ワンセグ携帯をお使いの方知ってましたか?

私は先日テレビを見ていて初めて知ったのですが、携帯に着いている

テレビも、本来は「受信料」を支払うべきものだそうです。購入の際に

説明をしなくてはいけないらしいのですが、説明を受けた方いらっしゃ

いますか? 私はワンセグ携帯を2回買いましたが、1度も説明をされ

ていません。

では、何故携帯使用料を支払うときに「受信料」を徴収されないかと

言うと、家庭で使用しているテレビで「受信料」を支払っているため

免除されているそうです。しかし家庭にテレビが無い場合は、「支払い

義務」が発生するらしいです。

私は只の1度もそんなことは考えた事がありませんでした。

そうなると、今の時代カーナビを使用している方は沢山いますが、やは

り「受信料」は支払うべきところ、免除されていると言う考えになるの

でしょうか?
posted by hone at 17:54| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 院長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

ちょっと天然かなぁ

40代女性の患者(S)さんとの会話

Sさん 「今日は仕事が休みだったので、洗濯を沢山してお風呂場

     も念入りに掃除してから治療に来ました」

私   「そーですかー。それは大変でしたねー」

Sさん 「お風呂場の目地も歯ブラシで念入りに洗い、天井も綺麗に

     洗いました」

私   「頑張りましたねー。それでは疲れたでしょう。でも

     綺麗になったお風呂に入れるのだからいいですね」

ここまでの会話は良かったのですが、この後予想しなかった話に

Sさん 「最後にシャワーで綺麗にながしたのですが、天井を

     シャワーでながしたらその水がみんな落ちてきて、
     
     着ていた服がびしょ濡れになり全部着替えて来ました」

これを聞いて私は失笑しながら心の中で「おいおい、大丈夫かよ。初め

から分かり切っていることだろー」と思っていましたが、大事な患者様

ですから言葉に困りました。

でもこういう天然系の人私は嫌いでないです。行動を見ているだけで

結構癒されますよ

posted by hone at 17:35| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 院長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。