2012年03月27日

20数年ぶり

この春から高校生になる息子と 学校までの下見に行ってきました。

一昨日の日曜日に タイムを計りながら自宅から西那須野駅まで

自転車で行き 電車に乗りました。

常に車で移動してしまうため 息子は東北線に乗ったことが無くまったく

西那須野駅は初めてでした。

私は新幹線には乗りますが在来線は20数年ぶりで 以前乗っていた頃とは

駅・電車もすっかり様変わりしてました。

目的の駅で降り 駅周辺の自転車置き場を見てみましたが 特に管理人は

居ないため 駅前の交番で聞いてみると「市で管理しているため 好きに

使ってよい」とのことでしたが 交番のすぐ後ろにあるにもかかわらず

管理人が居ないため盗難がよくあるそうです。そのためお巡りさんが

言うのには「自転車のカギをかけ なおかつチェーンのカギでタイヤ止めに

ロックした方がよい」とのアドバイスを頂いてきました。

あとは特に見るところもないため すぐに電車に乗り戻ってきましたが

久しぶりに自転車・電車に乗り なんだか疲れてしまいました。

息子はこれからの3年間 どんな学生生活を送ってくれるのか楽しみ半分

心配半分と言ったところです。

まだまだ準備する物が多くて大変な日々を送っています。 

 
posted by hone at 09:55| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 院長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

今日3月12日 大田原中学校の「第65回卒業証書授与式」

に行ってきました。

よく よその方から「中学校の3年間は早いよー」と言われてましたが

いざ卒業式を迎えてみると 「本当に早いなぁ」と実感がわいてきます。

在校生による「送辞」や 卒業生による「答辞」はなかなかすばらしく

思えました。

入学の時はいろいろ心配な事や 思うところもありましたが 「親の心

子しらず」で 好き勝手な事をしながらも何とか卒業することができました。

4月からは高校生になりますが いったいどんな高校生にどんな生活を

送ってくれるのか心配事がたえません
posted by hone at 16:09| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 院長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

やっちまった

昨日 午前中最後にみえた患者さんは 「そろそろ終わりにしようかなぁ」

と思っていた時間にみえ すぐに治療を始めました。手順としては通常

15分間電気治療を行い その後手技にて10〜15分のマッサージ・矯正を

して終了します。なので1人約30分くらいで終わるはずです。が 昨日は

電気治療を行っている間に睡魔に襲われ 不覚にも寝てしまいました。

「うとうと」くらいなら電気治療終了後ブザーが鳴り気がつくのですが 

昨日はそれにも気づかず 気がついたのは電気治療終了後20分くらいたって

いた頃でした。

その患者さんは大変心優しい方とみえ 何も言わずひたすら黙って待っていた

ようです。

大変申し訳ありませんでした。以後気を付けます


posted by hone at 10:10| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 院長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

久々の友達が またしても凄いことを

9月に紹介した郡山の友達が またしてもとんでもない事に。

10日に福島市飯坂で忘年会があり 私は数年ぶりで参加しました。

勉強会には時々参加していましたが 忘年会となると夕方に出かけ帰宅が

深夜になるので 息子1人置いてはとなかなか思い切れず久しぶりの参加でした。

今年は例年参加していた郡山の友達が手術をしたので不参加でしたので 翌日の

日曜日にみんなでお見舞いに行くことになっていました。

私は忘年会が終わってからいったん帰宅し 日曜日に郡山の病院でみんなと

合流することになっていました。

その手術は糖尿病からくる壊死で なんと左足の太股の半ばからの切断でした。

9月に会ったときにインシュリンを自分で注射していましたが その後急激に

悪化し壊死が始まったそうです。壊死の進行はあっという間に進み 最初は足の指

の切断という話が 膝下いや大腿部と言うように変わっていったそうです。

手術前はとにかく痛み臭いが酷かったそうで 自分でも今までにかいだことのない

ほどくさかったそうです。

私は手術をしてから2週間たってから会いましたが 今でも無いはずの左足の痛み

かゆみを感じるそうです。

今は毎日リハビリに励んでいるそうですが 足が2本ある時は簡単だった松葉杖

が 片足になるとかなり難しいし車いすも思ったより大変だと言っていました。

なので片足でサッカーをやったり 車いすでバスケットをやっている人達は

凄いとも言っていました。

私は友達がもって落ち込んでいるかと思っていましたが 思ったより元気な様子を

みて 一日も早く仕事に復帰出来ることを願いながら帰宅しました。

ps バイクはどうするのか聞いてみると 9月の台風で治療室が2メートルくらい

   床上浸水し バイクもその時水没しだめになったので すでに処分したそうです
posted by hone at 16:35| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 院長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月26日

まか不思議

月に1・2度ほどお墓(光真寺)の掃除に行くのですが 先月あたりから

あげておいた花の先(花の部分)だけが無くなる事がしばしば

ありました。

P1000004.JPG

何故なのかと思っていたら 先日謎が解けました。

最近 光真寺の裏山に野ウサギが住み着いていて 餌がないため花を

食べてしまうそうです。
posted by hone at 12:06| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 院長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

久しぶりの友達とその奥さん

先日 福島県福島市飯坂の友達の整骨院で 勉強会をやるので 

来ないかと誘われ行ってきました。

10時に集合するとのことで 7時30分ころ家を出ていざ東北道へ。

途中事故も有り渋滞していましたが 何とか時間までに到着。

駐車場に入ってみるとバイク(ハーレーダビットソン 通称883)が

置いてあり 私はすぐに郡山の友達のものだと思いました

治療室に入ってみると やはり郡山の友達がいて「自分のバイクだ」と

言ってました。その郡山の友達は身長が私と同じくらい(167センチくらい)

なのに 体重は130キロくらいの体格です。おまけにスキンヘット。

友達に「どうしたその頭」と聞いてみると 「奥さんにやられた」とのこと

よく話を聞いてみると 最近は床屋に行かず奥さんにバリカンで切って貰うそうで

いつものように頼んだら 急に「あっ」と言ったので「なにした」と聞いてみると

「アタッチメント付けるの忘れた」とのこと。時すでに遅し。切ってしまったものは

元へは戻らず 仕方なくスキンヘットにしたとか。

バイクも実は奥さんのバイクで 朝起きたときに「バイクに乗っている夢を見た。

だから教習所に行く」と言いだし その日のうちに申し込みをしたそうです。

何と行動力のある人だと思いました。

友達は別なハーレーに乗っていますが 買うときに「これにしようかなぁ」と言うと

奥さんに「予算オーバーでしょう」と言われ ワンランク下げたそうですが 実は

へそくりがあり十分買える範囲だったそうですが 奥さんの手前出すわけに

いかなかったそうです。

いろいろ話を聞いていると 二人がいかにも「珍道中」を繰り広げてくれそうで 

今後合うのが非常に楽しみになりました

        
posted by hone at 16:34| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 院長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月29日

不規則が良い

先日治療にみえた看護婦さんですが、6月から9月半ばまで毎日宇都宮に

研修に行っているそうです。

その看護婦さんですが、「そろそろ不規則な生活に戻さないと」とのこと。

普通なら規則正しい生活にしたいものですが、何でそのような考えなのか

尋ねてみると、「病院勤務だと夜勤も有り、今のように規則正しい生活を

していると、夜眠くなってしまい夜勤が出来なくなってしまう」との事でした。

生活スタイルというのは、人それぞれ違うんだと実感させられました。

posted by hone at 09:14| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 院長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月11日

暑さ避け

昔から「暑さ避け」として よく「大根おろし」を背中に載せる方が多く 

「体がだるいときは さっぱりしていいんだよ」という話を聞きます。

先日みえた患者さんの実家でもよくするそうですが すった大根をそのまま

載せてもよし 刺激が強すぎると感じる方はキッチンペーパーなどに染みこませ

たものを載せてもよし キッチンペーパーを背中に載せその上に大根おろしを

載せれば かすが散らばらず簡単に捨てられる等々教えていただきました。

その患者さんの実家では 暑さでばてていた猫にやってみたら 「凄く元気に

なった」そうです。

以外に猫にも効くみたいです。

「暑さをしたかなぁ」と感じた方は 1度試してみては如何でしょう

ちなみに 私は痛そうなので遠慮します。
posted by hone at 17:36| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 院長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

やっぱりすばらしい「ディズニーランド」

先日テレビを見ていたら 震災時のディズニーランドをやっていました。

地震が発生して40秒後には 場内アナウンスで避難指示がでて 各施設のスタッフの

誘導により全ての人(ゲスト 施設で働いているスタッフ)が建物の外に避難

しかも上から物が落ちてこない様な通路の中央付近へ。

1時間以内に社長を長とした「対策委員会」が発作し すぐさま全ての建物の

安全確認作業を始めたそうです。

その間避難していたゲストの方達は通路に座って居ましたが 万が一落下物で

怪我をしてはいけないとスタッフが 本来は売り物である「ぬいぐるみ」を渡し

頭を覆うよう指示したり 何時間もただ座らされているゲストに 「エコノミー

症候郡」になってはいけないと軽い体操をさせたり お腹がすいてきたスタッフが

「みんなもお腹がすいているだろう」と やはり売り物であるお菓子類をみんなに

配ったりしていました。

これらの行動は全てアルバイトであるスタッフの独断で行った事だそうです。

また待機中に雨が降り出したうえに 外気温は5度くらいで寒かったため

ゴミ袋やお土産を入れるビニール袋などを配りカッパの代わりにして貰ったり

下にブルーシートを敷きその上に上がって貰いその上からまたブルーシートをかぶせ

雨と寒さ対策を行ったりしていました。

ランドよりもシィーの方が安全確認が早く終わり ゲストの方達をシィーの方へ

移動する際も 駐車場の方は「液状化現象」で通れないため 本来はスタッフしか

通らない通路より誘導したそうです。

そんなこんなでかなり遅い時間になり(確か9.10時くらいだったかなぁ)

お腹をすかせたゲスト全員に 温かい「おこわ」のような物が配られました。

万が一の為に5万人が3日間食べられるように常時用意されているそうです。


ディズニーリゾートでは万一のため 年間180回くらいの避難訓練を行っている

そうで 今回の震災で日頃の成果が現れたものと思いました。またスタッフの方達の

笑顔を絶やさないでゲストに接しているのもすばらしい事だと あらためて関心

しましたし お菓子類を配ったりぬいぐるみを配ったりと たんなるアルバイトに

そこまでの権限を与えている会社側もまたすばらしい会社だと感じました。

本で「社会に出て必要なことはディズニーランドで教わった」たしかこのようなタイトル

だったと思いますが 時間と興味がありましたら一度読んでみて下さい。

私は「仕事をしていくということは、こういう事なんだ」と何度も読み返した本でした
posted by hone at 12:23| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 院長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

気楽に

4月18日より 皆様が来院しやすい時間に受付時間を変更します

平日 午前 8:30〜12:00

    午後 3:00〜8:00

土曜 午前 8:30〜13:00

休診 日曜・祝祭日

往診 可(痛みが強く 来院困難な方に限ります)

お体に不調を感じている方は 気楽にご来院下さい
posted by hone at 14:56| 栃木 | Comment(0) | TrackBack(0) | 院長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。