2012年09月21日

悲しいかな

先日初めて見る女性の方(20代前半)が見え 「新患かな」と思いきや

患者さんではなく 道を尋ねられました。

アパートを探しているようで 「不動産屋さんで貰った地図なんですが」

と言って地図を見せられました。

その地図を見たとたん「全く見えん。どうしよう」と思いましたが

何とか目をこらしやっとの事見ることができました。


実は昨年くらいから 朝起きてきて新聞を見ようとしても良く見えない事があり

また仕事をしていても 保健証の字が見えにくい カルテが書きにくい といった

症状がありました。

あきらかに 「老眼」 です。

しかし その「事実」を認めようとせず 今日に至っています。

いつの間にか 向こうから「老い」という物が近づいていました。

悲しいかな 老眼鏡が必要に成る日はそう遠くないように思えます。

でも 認めたくないよ〜
posted by hone at 09:54| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 院長日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。